歯医者さんも注目する「チーズの虫歯予防効果」 その実験結果と根拠は?

0305 cheese
歯周病予防には「ヨーグルトで口をゆすぐ」と良い、などという説がありますが、チーズが虫歯予防になる、という報告もあります。

歯の腐食が進むのは、口の中が酸性の状態の時。チーズは口の中のアルカリ性を強めて歯の腐食を防ぐうえ、歯の表面に保護膜を形成することで、虫歯予防に期待できる働きがあることが、アメリカの研究機関・Academy of General Dentistryが行った調査で明らかにされています

実験では、12歳から15歳の68人の子どもたちを3つのグループに分け、まず各グループの歯の表面に付着している歯垢のpH値を測定。そしてそれぞれチェダーチーズ、無糖ヨーグルト、牛乳を飲食してもらいました。その後口をゆすいでもらい、歯の表面に付着している歯垢のpH値を実験10分後、20分後、30分後と測定。値の変化を調べました。

その結果、ヨーグルトと牛乳を摂取した子どもはpH値に変化が見られなかった一方で、チーズを食べた子どもは食後だんだんとpH値が高くなりました。これはつまりアルカリ性が強まっているということです。

研究者の意見では、チーズはpH値を調整する唾液の分泌を促進するため、アルカリ性が強まるのではないかとのこと。さらに、チーズを食べると歯の表面に保護膜が作られ、歯のエナメル質が腐食するのを防ぐ効果もあるとのこと。

チーズが虫歯予防に効果的があることは日本の歯医者さんたちも注目しており、アミーズ歯科クリニックでは、別の研究で「チーズは唾液中にカルシウムを補給し、再石灰化のパワーを高める」ことが確認されていることを紹介。WHO(世界保健機構)も、虫歯の危険性を減らす食品のトップにハードチーズをあげているそうです。

その他、チーズに多く含まれるリン酸カルシウムは、エナメル質の脱灰を減少させることから虫歯予防の重要な因子と考えられるうえ、主要タンパク質であるカゼインがエナメル質表面に吸着して歯を保護することや、カゼインがミュータンス菌(虫歯菌)の付着を抑制するとの報告もあるなど、チーズが虫歯予防・歯のエナメル質保護に良い根拠はいくつもあるのだとか。

虫歯予防になるからといってチーズばかり食べるのはオススメできませんが、仮に夜中、小腹が空いたときに食べるなら、甘いものよりもチーズが良さそう!?