光を浴びない生活は太りやすい! 辛い運動ナシで、目指せ2kg減

1106 a
毎日の生活のなかで、運動不足なことはわかっていても、朝は眠いし夕方は疲れているし…。そんな生活で体重がジワジワ増えてきたけれど、やっぱり運動はしたくない!なんとかしてラクに痩せないものか。そんな人に朗報です。“運動せずに2kg減を目指す方法”があります。そう聞くと、とりあえずやってみようと思えるのでは?

■毎朝20分~30分、太陽の光を浴びるだけ!

ノースウェスタン大学の神経学の専門家フィリス・ジー氏らの研究チームは、早朝の光に体をさらすことによって、新陳代謝がよくなり、通常より多くの脂肪を燃やすことがわかったと報告しています。

研究チームでは、平均年齢30歳の男女54名を対象に、太陽光を浴びた時間と、睡眠時間、食事で摂ったカロリーなどについて調査。その結果、午前中に太陽の光を浴びている人は、BMIの値が低い傾向にあることが明らかになったのだそう。

BMI値に影響をもたらすことを目的とするなら、

・午前8時から12時まで
・20分~30分間

という条件で太陽光を浴びること。

ちなみに、 体重との関係に有意性がみられたのは500ルクス以上の光で、500ルクス以上の光を浴びる頻度が少ないと、BMIは1.28増えていたとのこと。

研究チームでは、「屋内の蛍光灯による照明の明るさは、一般的には200~250ルクス程度」で、「屋外では曇っている日でも1,000ルクス以上になる」ことを指摘しています。

ほとんどの人は、1日の大半を屋内で生活しており、日光を浴びる時間は少ないもの。なるべく早朝の太陽光を浴びるためには、可能なら、朝は屋外を徒歩で職場に通うのが良いでしょう。また、ランチタイムや休憩時間には外に出ることも大切。日の光を浴びることで気分転換だけでなく、ダイエットにもなるのですね!