赤ワインには、睡眠リズムを整える効果が! ブドウの皮に含まれる“寝付きを良くする成分”とは

1011 w
さまざまな研究で、ワインには睡眠のリズムを整えるホルモンであるメラトニンが含まれているほか、抗ストレス作用があることがわかっています。

ミラノ大学の研究で、「赤いブドウの皮」にメラトニンが含まれていることがわかっています。そのため、メラトニン摂取を期待するなら、白ワインより赤ワインがおすすめ。

また、赤ワインに含まれるポリフェノールのうちの一種に、レスベラトロールという成分があります。レスベラトロールは人間が誰でも持っている長寿遺伝子を活性化させ、細胞の死滅を防ぐといわれており、認知症予防にも期待できるという報告もあります。そして、レスベラトロールには睡眠覚醒サイクルを改善する効果があるので、質の良い睡眠をもたらすといわれ、睡眠サプリメントのなかには、レスベラトロールが入っているものもあります。

ちなみに、前出・ミラノ大学によると、・イタリアで栽培されている主要なブドウ品種のうち、最もメラトニンを多く含む品種はバローロ種やネッビオーロ種。その他カベルネ・ソーヴィニョン種、メルロ種、サンジョヴェーゼ種からも多くのメラトニンが検出されたそうです。

適度のアルコールはリラックス効果もあります。これからの季節は、ホットワインにしても良さそうですね。ただし、2杯、3杯と飲んでしまうと逆効果なので、ご注意を……。