気になる「体臭」、女性のほうが長時間持続する! 肉食、ストレスの多い女子はヤバイ

niku

肉や乳製品など、動物性タンパク質や脂肪たっぷりの食生活を送っていると、体臭がキツくなるといわれます。体内で分解しきれないニオイのモトが“出て”きてしまうからで、なんでも女性のほうが長時間ニオイが持続しやすいんだとか!

■「女性のほうがニオイが続く」理由

実は脇の下の汗は、男性と女性とでは分泌のされ方が違います。「健康Salad」によると、男性の場合、短時間に「一気に分泌→ストップ」の繰り返し。つまり、ニオイは強くても断続的なもの。一方女性は、長時間にわたって少しずつ分泌されるので、じんわりしたニオイがいつまでも続いてしまうというわけ。

■体臭を消す食べもの

体臭を消すためには、アルカリ性の食品を摂取すること。緑黄色野菜やフルーツ、梅干しのほか、わかめ、こんぶ、もずくなどの海藻類、大豆、ココア、酢などがあります。
なかでも、カギは「食物繊維」。食物繊維は、ニオイの元を便と共に体外に排出してくれます。

■ストレスも体臭のモト

体臭は、汗だけではにおいません。汗と皮脂などが混ざったうえに、皮膚の雑菌が合わさって、初めて発生します。つまり、雑菌のエサになるものを取り除けば、臭いは発生しません。頭を洗うときには髪の毛だけでなく、頭皮など、“皮膚”を清潔に保つことが第一。

また、ストレスも臭いの原因に! 運動でかく水分中心の酸性の汗と異なり、緊張したり、興奮状態のときにかく汗は、ミネラルも一緒に放出されるアルカリ性の汗。このアルカリ性の汗が、細菌が繁殖しやすいのです。ストレスでかく汗はニオイの元。自分で体臭が気になるようなら、気づかないうちにストレスを受けているのかもしれません。