先が見えない…「3月うつ」になる人が増加 脱け出すための方法「STRESS」

0311 ストレス

3月は、卒業や引越し、就職など、環境の変化に関係するイベントが多い月。先のみえない環境変化が恐怖となり、落ち込み気味になったり、食欲が低下したり、誰にも会いたくなくなったりなど、うつを発症しやすい季節です。

■「不安」に押しつぶされそうになったら

トータルヘルスアドバイザーの山本晴義先生は、「ストレスは上手につきあえば人間を成長させる原動力になります。要は環境の変化をどう受けとめるかが肝心」といいます。
先生によると、大切なのは、「がんばり過ぎず『よい加減』に人生にたち向かうこと」と、「運動、労働、睡眠、休養、食事の5つのバランスを保つこと」。

また、ひとりぼっちもストレスの大敵。“感情は変えられないが、行動は変えられる”という言葉があります。行動を変えることによって、気分転換ができるということで、不安な気持ちがいっぱいになったら、意識を外に向けるようにしてみましょう。世界にいるのは自分一人…と、思考が“自分の中に中に”入っていってしまうことが、うつ状態に陥るサインです。

■うつ状態を脱け出すための方法「STRESS」

・Sports
スポーツ…毎日15分の運動を
・Travel
トラベル…自然に親しむ旅を
・Recreation
レクリエーション…皆で楽しむ遊びを
・Eating
イーティング…皆で楽しむ食卓を
・Singing
スィンギング…スター気分で歌おう
・Smaile,Sleep,Sake
スマイル、スリープ、酒…

その他、冬は日照時間が短いためホルモンバランスがくずれることから、うつになるケースも報告されています。まず日光を浴びることも大切。せっかく日が長くなる季節、用はなくとも外に出て、歩いてみると、新しい発見があるかもしれません。